ハナビラタケ

【βグルカン高含有】花びら茸【H&BB】

幻のキノコ「ハナビラタケ」
ハナビラタケはハボタン状の白い大型のキノコで、キノコの中でも抗がん作用を持つβ1-3グルカンが豊富です。日本では標高1,000m以上の山岳地帯でまれに自生していますが、めったに見つけることができないため、登山愛好家の間では「幻のキノコ」と呼ばれてきました。

ぴかぴか(新しい)ハナビラタケのオススメポイント
圧倒的に多いβグルカン
 一般的なハナビラタケに含まれるβグルカンは100gの中に42〜43gですが、本品は「ハナビラタケ」は独自に改良した製法で、100g中にβグルカンを61.9g含有しています。本品4粒中にβグルカン220mgが含まれています。


ぴかぴか(新しい)特許原料使用
本品に使用されている「ハナビラタケMH−3」は株式会社ミナヘルスが研究栽培した菌で、平成12年通産省工業技術院生命工学技術研究所に届け出た菌です(受託番号:FERM P-17221)。また同社と東京薬科大学の大野仁人教授はハナビラタケからβ1-3グルカンだけを抽出する方法で、特許を取得しています。

名  称 ハナビラタケ
内容量 120粒 (300mg×120粒)
原材料 還元麦芽糖水飴、ハナビラタケ粉末(国産)、デキストリン、セルロース、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、シェラック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。